組手試合ルール

極真会館中村道場の組手における大会ルールは、大山総裁時代より継続されて来た2015年度までの国際空手道連盟試合規則に戻ります。



① 押し・掛けはすべて反則となる。

② 上段蹴りにおける残心(技あり)はすべて無効となる。



【上段への技あり判定】

上段への蹴り(上段回し蹴り、上段前蹴り、上段後ろ回し蹴り、上段膝蹴りなど)により相手が一時的にダウンもしくは戦意を喪失し、3秒以内に立ち上がった時、または、倒れはしないがダメージを受けバランスを崩した時は技ありとする。

頭部に防具を着用するクラス

上段への蹴り(上段回し蹴り、上段前蹴り、上段後ろ回し蹴り、上段膝蹴りなど)により、頭部にクリーンヒットした場合もしくはクリーンヒットしなくとも、ダメージが見受けられる場合は技ありとする。



③ 足掛け

足掛けを含めて、ダウンさせた相手もしくはダウンした相手が、無防備の状態のときに、下段突きを決めたときは、タイミングその他によって技ありとすることもありうる。



【反則の取り方】

注意1(判定に影響なし) → 注意2(判定に影響なし) → 減点1(技ありと同等※) → 減点2(失格)

※減点1と技ありでは、技ありが優先判定となる。

● 反則が故意または悪質と判断された場合は注意・減点の有無に関係なく審判の判断で失格となる場合がある。